投資は将来の利益の為に行う

投資とは利益を得るのを目的として事業などに資金を出すことまたは、将来の利益の為に自己投資など多額の金銭を投入することです。
もっと分かりやすく言えば、目の前のお金を投入し将来それ以上の利益になって返ってくるように期待をする行為を言います。

投資は貯蓄と違い貯蓄は銀行にお金を預け貯めることが基本ですが、投資は自分から積極的に利益を上げにいきます。
投資した資金以上の金額になって返ってくるようにしていき、投資した資金よりも減ってしまうリスクはあるのですが増やすことに重点を置いています。
またタイミングも重要で買うタイミングと売るタイミングを計算していかなくてはいけません。

投資とは基本的に企業などにお金を投資して、業績を伸ばしていくことを目的としています。

株式投資は、企業が発行した株券を売買して配当金を得て利益を出す投資のやり方です。
配当金とは、会社が物を売ってその利益の一部を私たち株主に支払うことを言います。
株の値段は常に変動しており、タイミングが重要で安くなっているうちに買い高くなったら売るようして売却益を得るようにします。
株式は、保有期間があり一定の期間保有していれば配当金を得ることができ保有している株数や、期間によって金額は違ってきます。

仮想通貨は、誰でも使え譲渡できネットワーク上の通貨でこれも投資の一種で円やドルのように実体のない通貨です。
仮想通貨の特徴は、世界中の送金手数料が安くブロックチェーンという暗号台帳を使用して参加しているパソコンで正統性を検証していきます。
ブロックチェーンとは、取引台帳を複数に分散し管理し合うシステムのことです。
ブロックチェーンが基本的な仕組みになっており、中央管理者が要りません。なので各国の経済に左右されないことを表しています。
ネットワークなのでハッキングリスクがあり注意が必要です。

投資の中にFXもあります。
FXとは海外の通貨を売買して、その差益を得る取引をしていきます。
ユーロやドルなど外国通貨を交換したり、売買しその差益を目的した金融商品です。
手軽で小額から始められ専門的な知識はあまり必要ではなく、株のように企業の情報収集をする必要がありません。

このように投資の種類は色々ありますが、基本的には自分のお金を企業に預けてその儲けから何割かをお金を預けてくれた人に返すのことです。
変動性が高くタイミングも大切なのでしっかりと見極めていきましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*